コロナから生まれた変化

コロナで変わった働き方。オンラインやテレワークが普及する一方…『コミュニケーション』や対面の大切さを実感しました。

働き方が変わり、「職住近接」の波で藤沢市は人口増加しています。「永久就職」から「キャリアアップ転職」に社会構造が変化し、「個人」としてのスキルアップを求める人材も増えてきています。

身近になる「起業」

次のキャリアアップでは「起業」を視野に仕事をする人が増加、起業家や経営者は増えることが予想されます。しかし起業家や経営者は孤独…きっと仲間が欲しいはず!

私たちの活動拠点の藤沢には他の地域にはない『起業家支援施設協議会』という「官」と「民」の施設運営者が集まるグループがあります。地域の共通課題に「官民の壁を越えて」取り組んでいます。

わかった「対面」の大切さ

対面の大切さ×人口増加×起業の波×起業家や経営者の孤独感×万全な起業家支援の連携体制!

あと残されたのは…リアルで集える場所が必要なこと。
さらに仕事ほど固くなく、遊びほど緩くないそんな雰囲気で話せる場所や空間があったらいいな…それは……スナックしかない! そう考え、このたび「スナックみらぼ」を立ち上げました!